FC2ブログ

いちご歳時記

ドイツ旅行記 ヴェルニゲローデ編  

帰ってきてから2週間も経ちますが、しつこくドイツですよ。
ゆるゆる更新するので、もうしばらくお付き合い下さい。

さてさて、次の街はゴスラーと同じハルツ地方にあるヴェルニゲローデ。
到着したのは夕方でしたので、ホテルで一休みしてからご飯を食べに街へ。
ガイドブックに載っていたツア・タンネという食堂へ行ってみました。
キノコのオムレツ、旨かった~
お店は、じいちゃん達がダイスしたりしてて和やかな雰囲気で良かったです。
ツア・タンネのオムレツ
ご飯を食べた後、夜景を見に市庁舎へ。
ブレッブレッですが、綺麗だったんですよ
市庁舎・夜景

次の日、今日も曇りか~と思いつつ街歩き。
ここは12世紀に城を築いたヴェルニゲローデ伯爵によって作られた、美しい木組みの街。
色彩豊かで、ゴスラーとはまた違った雰囲気。
市庁舎も、昼間見るとこんな感じ。ちょうど市場開かれてました。
ヴェルニゲローデ市庁舎オレンジがかわいい市庁舎 CAFE WIEN古ーいカフェもそのまま残ってます。

次に、丘の上にあるヴェルニゲローデ城を目指して、SL風観光バス・ビンメルバーンの停留所へ。
ビンメルバーン
かわいいと思うでしょ。
乗り心地は、笑っちゃうほど最低です!
石畳なのに、サスペンションないのかと思うくらい。
排ガスも直撃だしね!
坂道を登るときは、今にも壊れそうな軋み方するし。
でも、ドイツのおじい、おばあは気にしな~い。
行かれた際は、是非ご乗車頂きたい(笑)

うっすら命の危険を感じるビンメルバーンに苦笑しつつも、
お城に着いたら晴れてきた日が差すと暖か~
お城より見晴らしも最高。

ヴェルニゲローデ城は12世紀に築かれた後、17世紀にバロック様式に改築され、
19世紀に現在のネオ・ゴシック様式になったそうです。
外観も美しいですが、当時の様子を再現した城内も見学できて、とても興味深かったなぁ。
騎士の甲冑やベットがイメージより小さかったんですが、昔の人は小さかったってこと?
ヴェルニゲローデ城その2ヴェルニゲローデ城正面 ヴェルニゲローデ城街より城を望む。

お城を十分堪能したあと、一旦街へ戻り、今度はハルツ地方の最高峰ブロッケン山へ。
このブロッケン山、あのブロッケン現象の名前の由来だそうです。
1年の3分の2が濃い霧に覆われていて、ブロッケンの妖怪がよく現れるんですねー。
そのためか?魔女発祥の地として有名。
伝説によると五月祭の前夜、「ヴァルプルギスの夜」になると魔女や妖怪がブロッケン山に集まるんだとか。
ゲーテのファウストにも出てきます。
4月30日には、ハルツ地方の各町で「ヴァルプルギスの夜」が開催されるという、まさに魔女の街!
魔女その2ホテルで見つけた魔女。
 
そして、ヴェルニゲローデはそのブロッケン山に登る拠点。
私たちも、SLに乗って行って来ました。
でも、時間が無かったので、頂上一歩手前の駅で降りて森を散策。
魔女と妖怪は確認出来ませんでしたが、
心地よいお天気の中、ドイツの森をお散歩できました
ブロッケン山SL ブロッケン山
スポンサーサイト



category: ドイツ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター