FC2ブログ

いちご歳時記

関西遠征・千石岩編  

関西遠征の続きです。

今回の旅の最初の目的は、「関西でクライミングをする」でした。
ということで、3月20日-21日で滋賀県は大津の千石岩に行ってきました。

千石岩は、琵琶湖の西側にありまして、
私は琵琶湖を見るのも初めてだったので、麓の皇子山公園からテンション上がり気味
ガスってて南側しか見れませんでしたが、それでも大きい!

その公園から岩場までの間に、神社の参道があったりして違う土地に来たんだなぁと実感。
でも最後はやっぱり急登。(亀の甲よりは良いかな?)
この日はぽかぽか陽気だったので、着く頃にはすでに汗だくでした

そして岩場についてみると、その立体的な岩塔にびっくり
なんかいつも登ってる岩場とは、ぜんぜん違う。
ジムっぽい。そして、辛い。
京都Gの方々が強いわけです。
千石岩01


パフフェイスは5.10a(10b)ってことで登ったのに、
最初の薄かぶりでパンプ。核心を越えた後のクラックの横移動でまたパンプ。
登れないっす!
すごいですね!(5.11a)も下部だけ登らせてもらいましたが、なんか訳分かんなかった
オダハング(5.10c)は、他に比べると核心が短くて良いですが、かぶりがキツメで怖いですねぇ。
二日目に登らせてもらったミシガン(5.10b)は、ハングを超えれませんでした
ジムで修行が必要。

ルート201(5.10b)・ブックエンド(5.10d)は、
寝てるけどスラブ系でかぶり系とは違った意味でムズイ。
ルート201は初めて登ったとき、バランシーさにいつもの怖がりが出てしまいました。
なんかね、左側が切れてて、そっちに引っ張られて落ちそうで怖かったんです
でも、二日目に何度かトライして面白いなぁ、と思えるようになりました!

しかし一番の衝撃…いや、素敵な思い出は、靴が水没したことですかねぇ……
20日の夜は、公園でテント泊したんです。
東屋もトイレもあって非常に快適な公園で、
街まで下りればスーパー銭湯もあり、大津駅の近くで食べたお好み焼きもおいしく、
テントでの二次会も楽しく終わり、12時前には就寝。
夜中にけっこう強い雨が降ってるなぁとは思いつつも、
東屋の下だし大丈夫でしょ!と気にせず朝まで寝続けました

起床したのは、6時くらいでしたでしょうか?
トイレに行こうと思って、テントの入り口を開けてみたらば、、、
目の前が水鏡……??なにごと??
理解するのに、数秒。ここだけ沈んでる。東屋の回りだけが水たまり。
そして、外に出しっぱなしにしておいた靴も水没。
特に私のスニーカーは、布で出来ていたためグッショグショ
もー、テンション下がりまくり…
唯一、NFさんのテントがおニューだったお陰で、テント内が無事だったのはありがたかったです
最初は京都で新しい靴を買うことまで考えましたが、
夜には乾いたのでそのまま旅行は続行しましたけどね

あ、あと黄砂にもびっくりしました!

でも、二日間全体を振り返ってみると、やっぱり楽しかったです。
パフフェイスとルート201を練習しに通いたいですねー、千石岩

琵琶湖千石岩上部より琵琶湖を望む

NFさん、よこぴさん、遅くまでお邪魔しました。
二日間ありがとうございました
スポンサーサイト



category: クライミング

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター